2010年06月01日

鳩山首相の「悪評」シャツのレプリカを香港で発売(産経新聞)

 鳩山由紀夫社首相が4月に総理官邸で開いた会合でのファッションが国際的な話題を呼んでいる。首相のファッションセンスの良さではなく、その逆で、「あまりにもひどい」と悪評紛々なのだ。ところが、香港のシャツメーカーが悪評を逆手にとって、500ドル(約4万5000円)でレプリカを売り出すなど、変なところで注目を浴びている。

[フォト]米CNNテレビに皮肉られた鳩山由紀夫首相のシャツ

 ことの発端は、今年4月4日、農家や食品製造、飲食業、料理研究家、学生など「食と農」の関係者9人を招いて総理官邸で行われた「リアル鳩カフェ」での首相のファッション。

 首相がこの日、着用していた赤や青、黄色のチャック柄のシャツについて、米CNNが「低い支持率を回復する助けにならない」と指摘して、首相のファッション感覚を皮肉った。

 このシャツを着た首相の写真が通信社などで世界各国に伝えられると、欧米メディアは「大失敗のファッション」「パッチワーク」などと報道。さらに、首相が愛用していると伝えられ、このシャツの製造元とみられるイタリア南部の高級シャツブランド、G・イングレーゼのアンジェロ・イングレーゼ社長が14日、同国紙に「絶対、わが社の製品ではない」としたうえで「最悪だ」と酷評した。 

 ところが、このような報道が関心を集めたのか、香港のシャツのオーダーメイド製造会社が26日、このシャツのレプリカを製造し、500ドルで売り出した。悪評を逆手にとって、シャツを売り出すなどさすがに商魂たくましい香港メーカーらしいところだが、このところの鳩山政治の迷走ぶりをみると、政治センスも、ファッション感覚に比例するというところか。 

【関連記事】
新党改革、鳩山邦夫氏の長男を擁立へ
普天間問題、社民反発に首相「連立維持される」
哨戒艦事件は「捏造」 総連責任副議長が非難
素人同然の地元対策 「悪いようにはしません」
岡田監督が首相を表敬 相哀れむ?「崖っぷち指揮官」
虐待が子供に与える「傷」とは?

僕らの学食を守るぞ! 経営難、生徒らボランティア店員(産経新聞)
<雑記帳>眺め好評で非常階段を一般開放 神戸ポートタワー(毎日新聞)
<日本創新党>山田党首、東京選挙区から出馬へ(毎日新聞)
小沢幹事長 「代表の発言は党の公約」 首相に苦言?(毎日新聞)
サッカー日本代表も七転び八起き!?(産経新聞)
posted by サワムラ アツミ at 15:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。